保険料 減らす

保険料を減らして節約しよう

今、給料やボーナスが下がり、年金も少額、消費税などの税金もUPするとなれば、家計から何かを削らなければいけません。

 

そこで1番に目を付けられるのが生命保険の保険料ですね。統計によると家族4人の1世帯あたり月額48000円ほどが生命保険の保険料に使われているそうです。

 

この金額が高いか安いかは各世帯の状況によるので一概に言えませんが・・・できればもう少し安くしたいですよね。

 

仮に月額10000円安くなると年間12万円の節約になり、30年後には360万円の節約になります。
また保険料は基本的に自分が年を取ったり、子供が大きくなるにつれて保険料が安くなるような生命保険を選ぶことが基本です。


なぜ生命保険は高いのか?

『生命保険の保険料が高いなぁ。なんとか減らすことはできないのかな。』という声を良く聞きますが、原因をご存知ですか?

 

これは身内や親戚、知り合いの保険会社に勤めている営業マンから勧められて、付き合いで加入している方が多いからです。また多くの方は生命保険に対する知識が少ないため、保障内容に疑問を持ちません。

 

『顔を立てる』というのは日本人の素晴らしい文化なのですが、経済的に圧迫するとなると、ちょっと考えものですよね。

自分に合った生命保険は何だろう・・・

生命保険の見直しをして月々の保険料を減らしたい方は金融のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談することをオススメします。

 

今までのように保険会社に就職している営業マンに相談してもいいのですが、保険会社に所属しているため自社の保険しか勧められません。これは選べる保険に限りがあり、また全ての営業マンがFPなどの資格を取得しているわけではありません。

 

FPへの相談は無料で数十社の中から自分に合った保険を提案してくれます。またどこの保険会社にも所属していないので、中立の立場でしっかりと相談に乗ってくれます。もちろん無理な勧誘もありません。

 

中には月の保険料が1〜2万円ほど安くなった方もいるようですよね。